HOME > 骨が無い場合のインプラント
骨が無い場合のインプラント

インプラント治療を行おうとしたときにその部分の骨が痩せてしまっていて、骨が足りないことはよくあることです。骨が不足する場合の対応には大きく分けて2通りの考え方があります。

① 骨造成(軟組織造成)を行う

痩せてしまった組織(骨、軟組織)を可能な限り元の状態まで再生させてからインプラントを埋入する方法です。少数歯の欠損症例においては健常な周囲組織との調和(歯肉のボリューム感など)が審美性と機能性を確保する上で重要となるため、特に前歯部の少数歯欠損では多くのケースで必要となります。

骨造成のメリット

天然の歯牙に近い審美性と機能性の獲得

骨造成のデメリット

治療期間の長期化と処置回数の増加。外科的な侵襲が大きい手術となる場合がある。

骨造成手術の種類
骨造成手術
  • GBR(guided bone regeneration)
  • 骨移植(Bone Grafts)
  • オステオトームテクニック
  • 上顎洞底挙上術(Sinus floor elevation)
  • ソケットリフト
    (軟組織造成手術)
② グラフトレスコンセプト

骨造成(ボーングラフト)を行わないでインプラント埋入を行う方法です。多数歯から全顎にわたるケースなど範囲の広い骨造成は大きな外科的侵襲を伴い、治療の長期化と複数回の手術により、患者さんが受ける負担は大きいものになります。

そのため極力グラフト(骨造成)を避け、欠損した組織(例えば歯肉など)は人工物で代替した補綴物で修復しようとする考え方がグラフトレスコンセプトです。

グラフトレスのメリット

骨移植・骨造成手術にかかる身体的負担や治療費を軽減できる。治療期間を一般的なインプラント治療と同様にできる。骨移植・骨造成による感染リスクの回避。

グラフトレスのデメリット

すべてのケースで適用できるわけではありません。

グラフトレスコンセプトに基づいたインプラント治療とは
ショートインプラントの適用
ショートインプラント
右がショートインプラント
(スピーディグルービーショーティー)

ショートインプラントとは、骨内埋入8mm以下のインプラントのことをいいます。
少し前まではインプラントは長いほど安定すると考えられていましたが、最近の研究ではインプラントは骨と完全に結合すれば、長さは関係ないと いうことがわかっています。通常のインプラントでは埋入部位の骨の高さが不足する場合などで有効です。

傾斜埋入

傾斜埋入とは、垂直にインプラント埋入する場合には骨の高さが不足している場合にインプラントを斜めに埋入する術式です。事前にCT、シュミレーションソフトで骨の状態を正確に把握することが必要です。

オールオンフォー(All-on-4)
オールオンフォー(All-on-4)

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が最小4本、解剖的構造を考慮し、バランスよく埋入されたインプラントが手術その日から固定式の仮歯を支えます。

つまり今まで使用していた入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができます。

骨の移植なども必要なく、短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法です。たった一日で口元が劇的に変わり、様々な入れ歯の悩みから解放されます。