HOME > 審美インプラント
審美インプラント

これからのインプラント治療は、いかに美しく見えるか、機能するかということが重要です。

前歯審美インプラント症例
前歯審美インプラント症例

外傷で左側中切歯を欠損、その両隣の歯も歯冠破折により抜髄が必要となったケース、機能性はもちろん、完全な審美性の回復が求められました。

十分な厚みが造成出来た唇側
十分な厚みが造成出来た唇側術前CT
十分な厚みが造成出来た唇側

唇側の骨の吸収が大きかったためインプラント埋入時にbone graft (骨移植)を行い、薄い唇側の歯肉を補う為に、口蓋側から結合組織移植を施術しました。

この症例のポイント

歯肉の高さと厚みが揃っていなければ、歯は左右対称には並びません、形や長さも不揃いとなるでしょう。
骨が痩せたケースにおいて、もし造成をおこなわずに歯を入れると、歯ぐきのラインが下がり、歯の形はかなり長細くなってしまいます。

テンポラリーアバット(仮歯)装着時
テンポラリーアバット(仮歯)装着時

テンポラリーアバット(仮歯)の調整を行いながら歯肉形態をコントロールしていきます。

この症例のポイント

正面観では歯肉のライン(ガムライン)はまだ揃っていません。歯と歯の間には黒いすき間(ブラックトライアングル)もあります。仮歯が歯肉を貫通する部分の膨隆を数回に分けて調整し、歯肉の成熟を待ちます。

ジルコニアアバットメントの装着
ジルコニアアバットメントの装着

歯肉が十分に形成されたらアバットメントの型取り、審美性の高いジルコニアアバットを装着します。

この症例のポイント

歯肉を貫通するアバットメントを白いジルコニア製にすることで、歯ぐきの明るい色調が維持されます。左右の歯も土台にグラスファイバーコアを使用し、メタルフリーを実現。

最終的な仮歯
最終的な仮歯

ジルコニアアバットに最終的な仮歯を装着、美しく自然に見えるかを確認します。ガムラインはほぼ左右対称、笑顔になった時のスマイルラインも下唇に沿っています。前歯幅径比率も1.6:1.0で理想的なバランス(ゴールデンプロポーション)です。

この症例のポイント

歯ぐきのライン(ガムライン)が揃い、歯と歯の間のすき間(ブラックトライアングル)も成熟した歯肉で埋まり消失しています。当院ではインプラントに限らず仮歯の質にこだわっています。仮歯はファイナルの出来を映す鏡、ファイナルになれば急に良くなるということはあり得ません。

精度の高い型取りと色調の確認
精度の高い型取りと色調の確認

シリコーン印象材での精密な型取り、色調の確認をします。データをラボに送りファイナルを制作。ラボとの連携が重要です。

最終補綴物の装着
審美へのこだわり

これからのインプラント治療はインプラントを単に埋めるだけではなく、いかに美しく自然に見えるか、機能するかということが重要になってきています。それにはまず理想的な歯のポジションからトップダウンでインプラントの埋入位置を決めること、つまり補綴主導での治療計画を事前にしっかりと立てておくことが肝心です。

軟組織の形態やボリューム、口唇から覗く歯の形態や幅径のバランス、色調と透明感、ちょっとしたことで口元の印象は大きく変わるものです。そして咬合の高さや前歯のポジションは表情までも変えてしまいます。審美的に仕上げるためには留意しなければいけない指標や決まり事があり、このようなポイントを普段からしっかり意識して診療にあたる歯科医院は実は多くはありません。

ワイエスデンタルクリニックではインプラントに限らず、すべての審美治療において高いこだわりをもって治療を行っています。口元の問題は些細なことのようであっても、ご本人にとっては大きなコンプレックスとなっている場合もあります。どうぞ気軽にご相談ください。