HOME > コンピュータエイデッドガイドサージェリー
コンピュータエイデッドガイドサージェリー

サージカルテンプレートはコンピュータ上での設計通りにインプラント埋入を導きます、最小限の切開でより低侵襲なオペが可能になりました。

ガイドサージェリー 治療の流れ
CTデータをもとに3D画像解析ソフトを用い治療計画の作成をします
3D画像解析

CTによる検査が必須となります。
3次元的な骨の形態を確認しながらインプラントの位置や角度を決定することで治療の安全性と予知性が向上します。
同時に補綴修復の観点からの検討を行うことで、機能性と審美性が向上した治療計画の作成が可能です。

サージカルテンプレートの作成
サージカルテンプレート

スウェーデンのノーベルバイオケアにデータを送信、治療計画のデータをもとに正確なサージカルテンプレートが作成されます。

サージカルテンプレートを使用した低侵襲の外科治療
低侵襲の外科治療

サージカルテンプレートには設計通りのインプラントの埋め入れ位置や角度などが正確に記録されており、インプラントを埋め入れる為のドリリングを正確に導きます。
(このサージカルテンプレートは、最小限の切開のミニフラップや無切開インプラント治療のフラップレス治療にも用いることができます。)

ガイドサージェリーのメリット
その日のうちに仮歯の装着も可能に

サージカルテンプレートを使用して、術前に精度の高い仮歯、または最終補綴物を作製しておくことが可能です。事前に上部構造を制作することで、患者さまはその日のうちに新しい歯を手に入れることができます。(埋入部位や骨質により条件が有ります。)

低侵襲の手術

ガイドサージェリーのメリットとして、手術に必要な情報の多くは事前のシュミレーションで把握されている為、術中の骨形態を確認する為の大きな歯肉切開を避けることができるということがあります、骨の状態が良好であれば最小限の歯肉切開、もしくは無切開(フラップレス術式)での手術が可能な場合もあります。