HOME > フラップレス術式
フラップレス術式

フラップレスインプラントとは通常のインプラントとは違い、歯ぐきを切開・剥離することなくインプラントを埋め入れる治療法です。切開しないので、痛み、腫れ、出血がほとんどなく、治癒期間が短いのが特徴ですが、インプラントを埋め込む位置に充分な量の良質な骨があることが必須条件となります。

フラップレス術式には以下の方法があります。

1:パンチやレーザーを使用する方法

「専用のパンチ」または「歯科用レーザー」を使用し、歯肉に必要最小限(インプラントの直径分)の小さな穴をあける方法です。メスで切開・剥離を行わないため、痛みや腫れ、出血を劇的に抑えることができます。

2:サージカルテンプレートを使用する方法

インプラントの埋め入れ位置・角度が反映された「サージカルテンプレート」を装着し、歯肉に最小限の穴をあける方法です。

Step 1 「サージカルテンプレート」を装着し、ドリルで骨に穴をあける
「サージカルテンプレート」を装着し、ドリルで骨に穴をあける

患者さまのCTスキャンデータからシミュレーションしたインプラントの埋め入れ位置・角度が反映された「サージカルテンプレート」を装着し、インプラントを埋め入れるための穴をあけます。術前のシミュレーションによる治療計画どおりの安全な手術を行うことができます。

Step 2 インプラントの埋入
インプラントの埋入

計画どおりの位置・角度・深さに開けられた穴へインプラントを埋入します。

Step 3 仮歯の装着
仮歯の装着

ヒーリングアバットメント(歯肉を治癒させる間装着するキャップ)を装着し終了。顎の骨の状態が良く初期固定が十分な強度であれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

フラップレス術式のメリット

切開しないので、痛み、腫れ、出血がほとんどなく、治癒期間が短いのが特徴ですがインプラントを埋め込む位置に充分な量の良質な骨があることが必須条件となります。