HOME > 3D画像解析とコンピュータプランニング
3D画像解析とコンピュータプランニング

当院ではより安全で予知性の高いインプラント治療を行う為に、ノーベルバイオケア社のインプラント治療シュミレーションソフト(ノーベルクリニシャン)を導入しています。

コンピュータプランニングとは
コンピュータプランニング

患者さまのCTスキャンデータと3Dシミュレーションソフトを使用して、3次元的な骨の形態確認をしながら、インプラントの埋入の位置・角度を決定していきます。
あらゆる角度から骨の形態や骨質を詳しく精査することで安全で確実な手術が実現します。

下顎臼歯部インプラントの全体像
下顎臼歯部インプラントの全体像
カラー表示された下歯槽神経や解剖学的構造を確認しながら理想的なインプラントポジションを検討していきます。
スライス像
スライス像
埋入深度や角度を検討します、埋入位置の骨質(CT値)も重要な情報です。
常に全体像を見ながら治療計画を実施

骨量と骨質、重要な解剖学的構造、そして補綴形態といった様々な要因に基づき、適したインプラントの埋入位置とアバットメントのタイプを決定します。

トップダウントリートメント

プランニングと同時に補綴物の設計を行うこともできます。はじめから補綴物の設計を行うことで、機能性・審美性が向上された補綴主導の治療が可能となります。

CT撮影による慎重な診断
CT

new_SOMATOM_Emotion_ca6
最新の医科用CT
低被爆で広い領域の撮影が可能です。歯科用コーンビームCTに対してコントラスト分解能に優れ、CT値(Houns Field値)により事前に骨密度の把握が可能なことも医科用CTのメリットです。

CT撮影による診査・診断の必要性

従来のレントゲン撮影だと平面の画像情報しか得られなかったものが、CT撮影することにより、3Dの立体的な画像情報を得ることができます。インプラントを埋入できるかどうか、骨密度・大きさ・方向など、より正確な診査・診断行うことができ、インプラント治療に対する安全性が高まります。

ノーベルクリニシャンによるプランニングやガイドサージェリーを行う為には必ず必要な診査となります。

CT撮影・提携病院:メディカルスキャニング

3D画像解析、コンピュータプランニングの更なる活用