HOME > インプラントとは
インプラントとは
インプラント

歯を失ってしまった部分のアゴの骨に、人工の歯根(インプラント)を埋めこみ、それを土台として人工の歯を取り付ける新しい治療法です。
骨と完全に結合したインプラントの上に取り付けられた人工歯は、その歯自体が骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることもなく、天然の歯に近い噛む力と審美性を得ることができます。

インプラントのメリット
  • インプラントでは、義歯は顎の骨に固定されるため取り外す必要はなく、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことが出来ます。
  • あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、顎骨の吸収も少なくなることが知られています。
インプラントをお勧めする理由

人間の歯には、毎日とても大きな力が加えられています。お食事のとき、運動をするときなど、日常生活の中で歯は身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。

何らかの原因で歯を抜くことになってしまった場合、インプラント治療が確立する最近まで、それらの大きな力を支える代替は、残っている他の歯に頼るしか方法がありませんでした。

しかし、それだけの力を他の歯で補うのは、リスクも多く、最終的にはその他の歯も失うという結果になってしまった、という経験を持っている方も多くいることでしょう。

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に侵襲を加えることはありません。そして、しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。